最新のお知らせ一覧

神式の葬式についての説明

神式の葬式は神葬祭とよばれ、神道では死は穢れたものとして扱われるため神の聖域たる神社では普通葬儀は行われず、自宅で行われる。大まかな流れとして、神棚に故人の死を報告する「枕直しの儀」から始まり、納棺ののち、通夜祭(仏教式の通夜にあたる)、遷霊祭(魂を霊璽に移す儀式)を経て、葬場祭(仏教の葬儀・告別式に当たる)を行う。その後、火葬祭、埋葬祭を行い、帰家祭で葬儀の終了を報告したのち、直会(神職や世話役の労をねぎらうための宴会)を行い、葬儀に関する儀式はすべて終わる。この後御霊祭へと移行する。仏式での初七日が十日祭、四十九日が五十日祭にあたる。さらに仏式との違いとして、戒名にあたるのが諡名であり、線香に当たるものが玉串奉奠である。

神奈川で急なご葬儀の手配に

大切な人が亡くなられたら

ご希望の葬儀に適した式場に

葬式での花の手配で注意すべきこと

お葬式に使う花は供花といいます。その際には、スタンドで手配するのが一般的です。一方、通夜に使うのは枕花といい、通夜までの間故人のそばにお供えするものです。これは、訃報を聞いてからいち早く手配する必要があります。一方の供花は、祭壇の横に飾って故人をしのぶものです。一つは一基といい、一対というのはすなわち二つ、二基のことです。名称により個数が変わりますので注意します。葬儀場によっては、持ち込みが許されなかったり、別途持ち込み量を払わないといけないところもありますので、喪主の方などに確認したり葬儀会社に手配するなど注意する必要があります。なお、種類も和、洋とあり、金額もさまざまで、地域による慣習があるところもあります。

Copyright© 葬式 神式 All Rights Reserved.