神式によるお葬式の概要

神式のお葬式のことを神葬祭といいます。式も仏式とは異なる方法で行われます。仏式のお葬式は亡くなった方を極楽浄土に送るための儀式ですが、神式は違います。神葬祭は亡くなった方を家に留まって貰い、守護霊になって貰います。仏式では普通である線香もあげません。神葬祭で使用するのは、七五三でも使う「玉串奉奠」です。また、通常は神社では神葬祭を行いません。自宅など神社以外の場所で行われています。神社にお参りする時の、二礼二拍手一礼はありますが、音は立てずに静かに手を合わせます。神道で死とは穢れとされています。それは汚れているという「穢れ」という意味ではなく、生きる力を無くした「気枯れ」からきているものです。

お葬式の花の手配はどうすればよいか

急な葬儀の知らせが入った時は、速やかにお花を送るかどうか検討した方が良いと言えます。親類ならば、兄弟や親戚一同といった形で送ることも多いため、ご家族や親類の間で話し合うのが良いかもしれません。また、仕事関係のお葬式の場合は、特にお世話になっている顧客や得意先ならば、お花を送るという方も多いと言えます。お花の手配は、お花屋さんに問い合わせて送ってもらうことも可能ですが、お葬式が開催される葬儀場で手配してもらうことも可能のようです。特に急な知らせの場合などは、葬儀場に直接手配をお願いする方が確実と言えるかもしれません。札に記入する名前などに間違いがないよう、ファクスなどで事前にお願いしておくと良いようです。

Copyright© 葬式 神式 All Rights Reserved.