新式の葬式に参列した際の注意点

日本の葬式は仏式が大半ですが、稀に神式で執り行われることがあります。訃報等で神式との断りがあった場合には、香典の表書き部分には通常ご霊前或は御玉串料とします。ご霊前はどの宗派にも通用します。通夜のことを通夜祭と言いますが、式場に参列する際には式場に入る前に手水を使います。まず、左手に水を注ぎ、次に右手を洗います。左手で口を注ぎ、最後に両手を吹きます。仏式の焼香に代わるものが玉串奉奠です。神職から玉串を受け取ったら、玉串をおしいただき祭壇の前に進みます。根元を前に持って時計回りに反転させて祭壇に供えます。二拝、二拍手、一拝でお参りします。神社では二拍手の所で音をたてますが、葬式の時には音をたてないように注意します。

葬式の花の手配はどこにすればいいですか。

葬式はお亡くなりになってから数日の内に行われるのが一般的ですので、それほど準備できる日にちはないのがほとんどです。その上、訃報を聞くまでにも時間がたっていることが多いので、その方の葬儀を行う担当の葬儀会社に頼むのが一般的です。(また、その葬儀会社の取引のある花屋に直接御連絡をと言われることもたまにあります。)宗派によりけり、花を置かずにおしきみと決まっている所もあるからです。葬儀会場の飾り方によっては左右数量を揃えないとおかしい場合もあります。また色あいも全体のバランスが必要です。手配するとき、一体にしますか、一対にしますかと聞かれることがあります。一対というのは左と右の左右にしてお花を2体頼むことです。花代は1対の場合は2倍かかるというところと、2倍よりも少し割引がきくところもあります。

Copyright© 葬式 神式 All Rights Reserved.