神葬祭と呼ばれる神式のお葬式について

お葬式も故人が信仰していた宗教などによって種類がいろいろとあります。日本においては仏式が一般的と言われていますが、キリスト教式や神式、それらにこだらわない無宗教式など様々です。神式のお葬式は神道の形式に則って行われます。正式には葬儀とは呼ばず、神葬祭と呼ばれています。その名称からもわかるように、仏式の葬儀では故人が仏様となる成仏を祈りますが、神式の神葬祭では家の守護神として故人をお祭りします。儀式としての意味合いが全く違ってくるので、それに関するマナーも当然違ってきます。神葬祭ではまず「手水の儀」を行います。神社をお参りする時に手や口を清めるのと同じ儀式です。次に「玉串奉奠」を行います。この時の二拍手は音を立てないのがルールです。忍び手と呼ばれています。これらの一連の流れが仏式のお葬式のお焼香に当たります。お葬式のほとんどが仏式と言われていますが、神式も珍しくはありません。突然のことでも失礼のないよう、きちんとマナーを勉強しておきましょう。

急なお葬式でお花の手配

当たり前なことですが、葬儀となると急なことが多いですよね。急に対応しなければならない時やはり専門に葬儀の花を取り扱っている業者さんに手配をお願いするのが一番よいです。お葬式会場など詳しく知っていることが多くその会場には大きすぎたり小さすぎたりと詳しく教えていただけますし、最近の平均価額なども教えてもらえるからです。頻繁に葬式用の花を手配するわけではないのでどのようなタイプを送っていのかやはりプロに相談するのが一番よいでしょう。比較的迅速な対応をしてくださる業者がほとんどです。もし問い合わせを出来るならば、親族のかたに相談して希望するお花があればそれを送るのが一番良いとは思いますが親族のかたもあわただしく準備しているのでこれは難しいと思います。今はインターネットで写真でも確認することができるのでとても便利な時代になりました。

Copyright© 葬式 神式 All Rights Reserved.